借りているという事実

借金することに慣れてくると、借りることができる金額そのものが、
借り入れであるという感覚が薄れてきてしまい、
まるで銀行の自分の口座に入っているお金のような錯覚
に陥ってしまいがちです。

そういった感覚に陥ると、借金しているという意識が薄くなり、
簡単に借り入れを繰り返すようになり、
あっという間に限度額まで達してしまうということになりがちです。

また、キャッシングなどで現金を借り入れる場合には、
一括返済かリボルビング返済かを選択しますが、
リボルビング払いを選択した場合、月々の返済額が変わらないため、
全体の借り入れ額を把握しづらくなってしまう傾向にあります。
これもまた、気が付いたら限度額にまで達してしまって、
さらなる借り入れを行わなければ立ちゆかない状況となってしまうと非常に厄介です。

確実に返済するという意思

上記のようなことにならないためにも、
借金はあくまでも借り入れであるという認識をしっかり持ち、
返済するまでは次の借り入れはしないぐらいの心構えを持つように心がけましょう。

借金は借り入れた時点で終わりではなく、
完済して初めて完結するものです。

あたりまえですが、きちんと返済するという強い意思をもって、
借金をすることで、生活を豊かにするツールとして活用することができるはずです。