> ショッピング枠とキャッシング枠の扱いの違い

ショッピング枠とキャッシング枠の扱いの違い

クレジットカードを契約すると、限度額として2つの金額が設定されていることに気づきます。
1つがショッピング枠と呼ばれるもので、もう1つがキャッシング枠と呼ばれているモノです。
このどちらもクレジットカードを使って発行事業者からお金を借りて
買い物をできるという点では同じですが、差異がありますので注意が必要です。

ショッピング枠について

まず前者のショッピング枠と呼ばれているものですが、
こちらは一般的なクレジットカードのイメージと一致する枠で、
商品を購入する際の代金の支払いの際に使用される金額枠となります。

この場合、1回払いを選択すれば支払額に利息がかかることはありません。
ただ、このショッピング枠の場合は、クレジットカードのブランド加盟店でしか
支払いに使用することが出来ないといった欠点があります。

キャッシング枠について

次に後者のキャッシング枠と呼ばれているものですが、
こちらは消費者金融のカードローンと同じような扱いで、
現金を直接手に入れることができる点がショッピング枠との大きな違いです。

現金が直接手に入りますので、クレジットカードブランド加盟店であるかは
関係なくなり、全てのお店で商品の購入が可能になります。
ただし、ショッピング枠の場合と異なり、キャッシング枠で借りたお金については
即座に利息がかかってくる点に気をつける必要があります。

また、最近ではショッピング枠を現金化するといったサービスを
提供している店もありますが、非常に高金利ですので手を出さないことが重要です。