借金をするデメリット

では、借金をすることでおこるデメリットがあるとすれば、
いったいどういったことがあるでしょうか?

借金のページでも書きましたが、借金するということに対して、
大抵の人が良いイメージを持っていません。

たとえば、その日初めて知り合った人に対して、
借金をしているという事実はあまり話したいと思わないのが普通です。

もしもきちんと返せる範囲での健全な?借金だったとしても
もちろん、そんなことは話す必要もありませんし、好き好んで話すという人もまずいないでしょう。
まあ、別に人からどう見られるか?についてはデメリットというよりは、
暗黙の了解ともいえるようなものだともいえますから、
きちんと返しているし、これからも返せる見込みがあるのであれば、
実質的には借金をすることでのデメリットはない
という考え方もできるのではないかと思います。

自転車操業

上記のように、健全な借金であれば良いのですが、
返済が苦しくなってしまい、借金を返す為の借り入れ。

そういったことが一度だけとか、ごく稀にとかであればよいのですが、
常に新しく借り入れなければ返すことができないという状況、
いわゆる自転車操業とも呼ばれるような状況に陥ってしまうと
これは厄介です。

こういった状況に陥ると、借入額は雪だるま式に増えていって、
負の連鎖ともいえる方向へと進んでいかざるを得ません。
こうなってしまう場合があるために、一般的に借金に対してのイメージが良くないのです。

まず最初にお金を借り入れる際には、本当に必要なお金なのかどうか?
もう一度よく考えなおす
ことが重要です。
そして借金は借りてしまえば終わりではなく、借りた分を完済して初めて完結する
ということを肝に銘じておくべきでしょう。

それぞれの収入に見合った、無理なく返済できる返済額で返済することが可能な分の
借り入れを心がけることが、非常に重要となってくるのです。