キャッシングを使いはじめたのは

キャッシングを使いはじめたのは、知人や家族によく小額のお金を借りていて、
まるで借りるのが癖になっていたからです。もちろん借りるだけではなく返していたのですが、
それでもお金にルーズの人というイメージが広がり、
これは何とかしないと思ってキャッシングする事にしました。

借りているお金は全部合わせてもそれほどたいした額ではないのですが、
借りているくらいのなおですぐには返せません。
しかしこのままでは私のイメージが悪くなりすぎます。
大した額ではないのでまとめて何処かで借りればいいと思い、
なんとなく敷居の低そうな大手消費者金融で借りる事しました。

無人契約機で申し込み

キャッシングは初めてで、そもそもクレジットカードも持っていなかったので、
申し込みは大変緊張しました。直接顔をあわせて申し込むのは恥ずかしかったので、
無人契約機を利用する事にしました。
キャッシングの申し込みに持っていったのは身分証明書と認印だけです。

キャッシングの審査はすぐ済みキャッシングカードは郵送で送ってもらう事にしました。
契約した限度額は30万円で、わたしには十分な額だと思いました。
後日キャッシングカードを持って近所のコンビニでキャッシングして見ました。
このお金は借金の返済に使うお金で使っちゃいけないと判ってはいたのですが
思わず使ってしまいそうで大変でした。とにかくこのキャッシングで私の小さな借金は完済できました。

短期間で返済完了

ただみんなにまとめて返したと言う事で予定外に収入があったんだろうと思われて
わたしが努力して返していると思われなかったのが誤算ではあります。
しかし以外にちゃんとした人だと思われたので良かったです。

このキャッシングで借りたお金は毎月計画的に返したので何の問題もありませんでした。
というのは嘘で実際にはかなり短期で無理して返してしまいました。
その間節約した生活が続いたので無駄遣いの習慣も少なくなって、
良い事だらけです。やはりお金は個人的に借りては駄目ですね。